スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンラインショップ~SHUSHULA style ~

長くご無沙汰してしまいました。
最近はFacebookでの発信ばかりになってしまい、
気付くと広告がついてしまっています~
反省!

今回はご報告です。

11月8日オンラインショップ SHUSHULA style  オープン!!

SHUSHULAも設立10年目を迎え、
当初からの夢であった商品販売をしていくこととなりました。

大好きなフランスはもちろん、ヨーロッパ、アメリカ、日本など、
関本が大好きな人と物に囲まれたショップです。
実店舗を持つまでには長く時間がかかると思いますが、
まずはオンラインでご紹介して参ります。

オンラインショップを立ち上げるきっかけとなった、
デンマークの「Maileg社」のUsagiたち。
大きさは3種類、すべて着せ替えが出来ます。
DSC02509.jpg

DSC02529.jpg

DSC02552.jpg


「ミリアンジュエリー」の淡水パールブレスレット。
ミリアンさんはブラジル、日本のハーフのジュエリーデザイナー。
とても素敵な方です。
詳しくはショップページでご紹介しています。
DSC02455.jpg

SHUSHULAの得意な分野。
オリジナルのクッションです。
こちらは、スイス、クリエーションバウマン社の生地を使用しています。
DSC02475.jpg

どの商品も日本では入手困難なものばかりです。
まだまだ少ない商品数ですが、
そのどれもが、こだわりと愛着のある物ばかりです。

SHUSHULA space studio同様、長くお付き合いいただけるよう、
魅力ある商品を増やしていきたいと思います。

ちょくちょくお遊びにお寄りくださいませ。
よろしくお願いいたします!

SHUSHULA style
http://www.shushula.jp/style

*SHUSHULA space studioからも入れます。











スポンサーサイト

パリの日々

6月のパリ滞在。
いつもの事ですが、日々歩き回り、美食のフランスを堪能し、
幸せな日々を過ごして参りました。
パリの路地

久ぶりにインテリアショップが立ち並ぶ界隈も一人懐かしくお散歩。
カッシーナ

モクサルト

ボフィ

エクス・アン・プロヴァンスのビストロ、
メニューの装丁が美しい。
エクスのビストロ

シャンパーニュ地方
アペリティフは泡が定番♪嬉しい一日になりました。
ランス

フランス路地

シャンパーニュ

シャトレ座で「王様とわたし」を鑑賞。
シャトレ座

帰国前日、改装もすっかり終わった
オルセー美術館で「ゴッホ展」を鑑賞しました。
オルセー

今回は買付とプライヴェートの両立。
少ない時間でしたがフル回転、大満足の滞在になりました。
ワールドカップシーズンと重なり、パリのあちこちのカフェは遅くまで盛り上がり、
眠らない街?そんな印象の新緑のフランスでした。





ソワレガラ2014

「世界の医療団 支援者の集い ソワレガラ2014」
〜フランス大使館公邸~

日仏芸術協会の谷口理事長にお誘いいただきまして、
協会メンバーの皆様と素敵なパーティ―に参加して参りました。
http://http://www.jfnet.org/

芝生の美しいお庭
5.jpg

東京のフランス料理、名店のトップシェフがずらり。
壮観です!よ~く見てください(笑)
6.jpg

蝦夷あわびのソテー春野菜を添えて
メゾン・パルサック丸の内 中村シェフ
7.jpg

オマール海老とフォアグラのクレーム・ブリュレ
ウエスティンホテル東京 沼尻シェフ
8.jpg

銀座レカン、レストラン タテル・ヨシノ、帝国ホテルなど名立たる名店ばかりで、
とても美しく、美味しくいただきました。

抽選会は、エールフランス航空、グランドハイアット東京、ヴァネッサ・ブリューノなど、
フランス所縁のある企業の協賛で盛り上がりました。
こういう時に運だめし!
・・・やはり持っていませんでした(笑)

久しぶりのカクテルドレス。
華やかな場に身を置くことは、心にたくさんの栄養をくれました。
リフレッシュ!

軽井沢~ライトアップ~

夏の夜、
ライトアップされた鬼押出し園。





素敵な夜を過ごしました。

暑さを忘れ、澄んだ空気とロマンティックなロウソクの灯りに導かれ、満ち足りたひと時を過ごしに、是非お出かけください。

Hotel de l'Abbaye~アメリの気持ち~

お部屋のお引越しをしました。

当初5月に滞在予定でのリクエストが、
6月滞在に変更した際に消滅!
・・・していたのを知ったのはチェックインの際の出来事。
そうでした、フランスでした。
一度のお願いが永遠に続くどころか継続しているわけもなく、
すっかり日本常識で言葉足らず・・・反省です。

でも、どうしても泊まりたい部屋があって選んだこのホテル。
「わたしのお部屋が空くのはいつでしょうか?」

と言うことで、無事にお引越しいたしました!
サン・マルタン運河に行って石でも投げてこようかな~(笑)

DSC01201_convert_20130706150431.jpg

DSC01205_convert_20130706150805.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。